QLOOKアクセス解析

世界はヒーローを求めている#4 ゲームデザインを鑑みる

#1#2#3を書きましたがぶっちゃけこの記事を書きたいがためだけの前提です。

①ゲームデザイン

詳細を見ないでざっくりと言ってしまえば、
数の利には敵わない様にゲームが出来ています。
従来のFPSよりもその傾向が強めです。

これは開発者が意図として
固まって連携して敵を倒してね☆
みたいな感じで調整したんだと思います。

これって裏を返せば
一人でゴリ押していっぱい敵倒そうとしても無理だよ^^
といった様な従来のFPS勢からしたら腹の立つ意図も透けて見えると思います。


②アルティメットを含んだゲームデザイン
①のゲームデザインを覆せるのがサポート以外のアルティメットです。
オフェンス
ディフェンス
tannku.png
これらのヒーローのアルティメットは未亡人製造機以外
widow.png
相手が固まっている方が効果的に作用します。

これにアンチ的に作用するのがヒーラーのアルティメットの性能です
ヒーラー
これらのヒーローのアルティメットは
味方が固まっている方が効果的に作用し、
相手のアルティメットの効果を減少、または無力化させることが出来ます。

例としてリーパーのアルティメットは
リーパー

このルシオやゼニヤッタのアルティメットの前ではあまりに無力です。
ルシオyatta1.png
せっかくアルティメットを使ったのに
敵のど真ん中で痛いことを言いながらくるくる回っているただの的に成り下がります。

もしこれがマーシーであった場合も、
マーシー
マーシーさえ残っていれば全員蘇生されやはりくるくる回っただけという結果になってしまいます。

これらを考慮すると
リターンを得る為にはアルティメットが必要なのに、
ヒーラーのアルティメットによって無効化されるという状況が生まれます。



③ゲームデザインからとるべき戦略と選ぶべきヒーロー
②を前提として考えたとき大枠的な戦略としてあるのは、
敵チームのヒーラーは優先して倒すor孤立させる(A)
自チームのヒーラーは出来るだけ近くで戦い守る(B)
ということになると思います。


(A)について有効なヒーローとして

ウィドウメーカー
アルティメットが(A)を行う場合非常に有用です。
また敵のアタッカーの位置を知ることが出来るので(B)を行う場合にも有用です
widow.png

ウィンストン
アルティメットはあまりダメージは出ませんが
吹っ飛ばすことが出来るので(A)に適しているといえます。
saru.png

マクリー
アルティメットが隠れさせることで、孤立させることに使うことも出来有用です。
また視界に入っていれば確定で落ちるので防がれにくく強いです。
フラッシュバンを考慮すれば(B)にも有用であると言えます。
マクリー

ラインハルト
ダウンさせてしまえば行動不能なので、ヒーラーを選んで殺せます。
haruto.png

トレーサーも有用だと思います。
体力が400以下のヒーローなら貼り付ければ確定で落ちるので、
アルティメットを使えばヒーラー(ゼニヤッタ以外)を確定で落とせます
※ゼニヤッタはアルティメットを使えば死にません。
トレーサー


(B)について有効なヒーロー

メイ
言わずもがな。
mei.png

ザリア
バリアでサポートの詰みを防げる場面がある。
zaria.png

ファラ
(A)を行おうとしている敵を発見しやすい。
ふぁら

ルシオゼニヤッタが片方づつ
アルティメットを使えばそもそも死なないので(B)が楽に行えます。
ルシオyatta1.png


それ以外は単純にAについて有用なヒーローに強いヒーローが有効になると思います。
これを書き始めると終わらないので割愛


まとめ

・数の利を生かして戦えば(割と)勝てる様に出来ている。
・その為にチームは出来るだけ出来るだけ固まることが強い。
・固まって戦い続けるにはヒーラーが必要なのでヒーラーを守ることが重要。
・相手も同じことが言えるので相手のヒーラーを倒すことも重要。




スポンサーサイト

世界はヒーローを求めている#3 サポートヒーロー

サポートヒーローについて考える
さぽーと

サポートヒーローの共通点として
体力が回復できるという点についてくくることが出来ますが、

シンメトラが回復できるのはバリアだけです。
sinnmetora.png
しかもその回復量も微々たるものなので、
ここではサポートの中でヒーラーとそうでないヒーローに分けて考えます

ヒーラー ヒーラー

別枠   sinnmetora.png

はい

ではヒーラーについて考えていきます。
まずヒーラーの利点です
味方をヒーローを回復することが出来る

これだけですがこれが大きいです。
ヒーラーありとヒーラーなしで撃ち合った場合
ヒーラーありの方はなしの方に比べて体力が増えている状態になっています。
この事実は当たり前だしどうでもよさそうですが、
撃ち合いが長くなりがちなこのゲームにおいて数字で考えると結構やばいです
ルシオとゼニヤッタのスキルを重ね掛けしてリーパーが3秒間戦うと

リーパーの体力が250
ルシオの回復が1秒間40
ゼニヤッタの回復が1秒間30

250+(40+30)*3
計算すると
リーパーの体力が460になってます。

前記事で書いた
タンクのザリアよりも多い体力です。
zaria.png
ラインハルトの体力が500なのでそれに迫る体力ですね。
haruto.png

リーパーの体力がタンク並みになる字面だけで見ても
ヒーラーというものに相当なを感じます。



ヒーラーは全員体力を回復できますが、
ゼニヤッタとマーシーが一人づつしか回復できないのに対し、
ルシオだけ複数人を同時に回復することが出来ます。
ルシオ

1秒間に14回復でEキー使用中は3秒間ながら1秒間40回復します。

ペイロード周りの敵がやたら固いのは大体こいつのせいです。

しかもこいつアルティメットで一時的に更に味方を固くすることが出来ます
もう一つ言うと壁を走って割とどこでもいけます
更に言えば火力は弱いですが戦えないこともないです
マップによっては突き落とすことで敵を倒せます

あ、あとメイのアルティメットも味方ごとかわせます

武器の火力以外何でもそろった割とやばいキャラです。


次にゼニヤッタです
yatta.png

回復オーブをを付ければ秒間30回復します。
これだけ見るとあんまり良くないです。

射撃は一発45ダメージの弾を連射するというそうでもなさそうな火力ですが、
でもこいつには前記事で書いた不和のオーブ(通称:糞オーブ)があります。

裏からヒーラーを殺しにきたトレーサー等のオフェンスヒーローがに対して
この糞オーブを投げつけて逃げながらクリアファイルみたいなのを適当に投げつけてたら
勝手に相手が死にます

糞オーブ様々ですね。

まじめな話をすれば裏やファラなどを自分で処理できるかつ普通に戦える点が強いです。


最後にマーシーです
マーシー

このキャラはか弱いので守ってあげると癒してくれます。
しかし明らかに死にそうな状況になると違う味方の所に飛んでいきます

その様はリストラにあった夫を捨てて実家に帰る主婦の様なしたたかさを感じます。

おわりです。


まとめ
ルシオ
回復力 低      戦闘力 まあまあ  逃げ能力 高
yatta.png
回復力 まあまあ  戦闘力 高      逃げ能力 低
マーシー
回復力 高      戦闘力 低      逃げ能力 まあまあ

甲乙付けがたいけど
現状ルシオが頭一つ抜けてるかなといったところです。
その場合回復力がネックになることがあるのでマーシーを同時に使いたいところですが、
それだと火力が貧弱になりすぎるので、ルシオゼニヤッタを同時に使うのが強いかなといった感じです。

*補足
この組み合わせが強い理由として
アルティメットの兼ね合いを考えたときに
ルシオとゼニヤッタのアルティメットを順番に使うことは、
両者のアルティメットの性能を考えたときに、マーシーとルシオよりも効果的に使い易いので、
この組み合わせの方がおそらく強いです。

世界はヒーローを求めている#3 サポートヒーロー

サポートヒーローについて考える
さぽーと

サポートヒーローの共通点として
体力が回復できるという点についてくくることが出来ますが、

シンメトラが回復できるのはバリアだけです。
sinnmetora.png
しかもその回復量も微々たるものなので、
ここではサポートの中でヒーラーとそうでないヒーローに分けて考えます

ヒーラー ヒーラー

別枠   sinnmetora.png

はい

ではヒーラーについて考えていきます。
まずヒーラーの利点です
味方をヒーローを回復することが出来る

これだけですがこれが大きいです。
ヒーラーありとヒーラーなしで撃ち合った場合
ヒーラーありの方はなしの方に比べて体力が増えている状態になっています。
この事実は当たり前だしどうでもよさそうですが、
撃ち合いが長くなりがちなこのゲームにおいて数字で考えると結構やばいです
ルシオとゼニヤッタのスキルを重ね掛けしてリーパーが3秒間戦うと

リーパーの体力が250
ルシオの回復が1秒間40
ゼニヤッタの回復が1秒間30

250+(40+30)*3
計算すると
リーパーの体力が460になってます。

前記事で書いた
タンクのザリアよりも多い体力です。
zaria.png
ラインハルトの体力が500なのでそれに迫る体力ですね。
haruto.png

リーパーの体力がタンク並みになる字面だけで見ても
ヒーラーというものに相当なを感じます。



ヒーラーは全員体力を回復できますが、
ゼニヤッタとマーシーが一人づつしか回復できないのに対し、
ルシオだけ複数人を同時に回復することが出来ます。
ルシオ

1秒間に14回復でEキー使用中は3秒間ながら1秒間40回復します。

ペイロード周りの敵がやたら固いのは大体こいつのせいです。

しかもこいつアルティメットで一時的に更に味方を固くすることが出来ます
もう一つ言うと壁を走って割とどこでもいけます
更に言えば火力は弱いですが戦えないこともないです
マップによっては突き落とすことで敵を倒せます

あ、あとメイのアルティメットも味方ごとかわせます

武器の火力以外何でもそろった割とやばいキャラです。


次にゼニヤッタです
yatta.png

回復オーブをを付ければ秒間30回復します。
これだけ見るとあんまり良くないです。

射撃は一発45ダメージの弾を連射するというそうでもなさそうな火力ですが、
でもこいつには前記事で書いた不和のオーブ(通称:糞オーブ)があります。

裏からヒーラーを殺しにきたトレーサー等のオフェンスヒーローがに対して
この糞オーブを投げつけて逃げながらクリアファイルみたいなのを適当に投げつけてたら
勝手に相手が死にます

糞オーブ様々ですね。

まじめな話をすれば裏やファラなどを自分で処理できるかつ普通に戦える点が強いです。


最後にマーシーです
マーシー

このキャラはか弱いので守ってあげると癒してくれます。
しかし明らかに死にそうな状況になると違う味方の所に飛んでいきます

その様はリストラにあった夫を捨てて実家に帰る主婦の様なしたたかさを感じます。

おわりです。


まとめ
ルシオ
回復力 低     戦闘力 まあまあ  逃げ能力 高
yatta.png
回復力 まあまあ  戦闘力 高      逃げ能力 低
マーシー
回復力








世界はヒーローを求めている#2 タンクヒーロー

タンクヒーロー(以下タンク)について考えます
tannku.png

共通であげられる特徴

強い点として
体力が多い
近距離の火力が(そこそこ)高い
スキル中の防御力が高い
弱い点として
的がでかい
スキルのクールタイム中に機動力又は防御手段がない

その点ラインハルトはいい意味で仲間外れです
haruto.png
シールドにクールタイムはありません

逆にロードホッグは悪い意味で仲間外れです
ぶた
逃げる又は防御出来るスキルを持っていないので、
自分より火力の高い相手(リーパー等)に相対してしまうとチェーンをはずした瞬間死を受け入れるしかありません

クールタイムのあるスキルしか逃げる手段がないというのは、
ゼニヤッタが存在している以上大きな問題です。
yatta.png
不和のオーブ(以下オーブ)はつけられるとダメージが大体1.8倍ぐらいになり、
機動力のない状態のタンクは弱点を狙いやすいのでダメージが4倍程に膨れ上がることになります。

これはタンクが他のヒーローに対して持つ有利な点としての体力が多いという点を消されることに他なりません。

つまり逃げる又は防御出来るスキルを持っていないロードホッグは、
ゼニヤッタの格好の的なってしまいオーブをつけられると無力となってしまい、
タンクの強キャラを考えるにおいて真っ先にさよならバイバイとなります。

ダウンロード





反対にこのゼニヤッタに対して防御又は逃げ手段を持っているのは
この四人になりますが
zeni.png


この中のウィンストン、ザリアは防御中にも攻撃することが出来ます。
saru.pngzaria.png


その点D.VAは防御中に攻撃することが出来ないです。
dva.png

そうなるとオーブを付けられた状態で逃げることは出来ますが、
ゼニヤッタがいる状況でD.VAはリターンが得られないので、
D.VAもここでさよならバイバイです。

ダウンロード (1)







D.VAに比べウィンストンはダメージと生存時間はD.VAを上回ります
saru.png
しかしウィンストンはバリアが意外と脆く、DPS自体がそんなに高くありません
なのでもし突撃にブーストスキルを使ってしまっていた場合オーブを付けられて何も出来ず殺されます。
それは敵にバスティオンとタレットがいる場合にも言えることです。
しかしゴリラはバスティオンとタレットさえ味方に何とかしてもらえれば頑張れるので、さよならバイバイするほどではないです。


リターンを得られないという点においてD.VAとラインハルトは同じに見えますが、
haruto.png

ラインハルトはシールドを展開した状態だと、そのシールドより後ろにいる相手にはオーブを付けられません。
これによってゼニヤッタがリターンを取りやすい状況をつくることを阻害することが出来るので、
間接的に味方にリターンを与えているという考え方が出来ます。
これはゼニヤッタだけではなく、中距離が得意なヒーローに対しても同じことが言えます

ラインハルトは強キャラです。
haruto1.png



さて最後にザリアですが
zaria.png
ザリアはオーブが付けられている状態でバリアを使うとオーブを外すことが出来ます。
これはEキーの味方にバリアを付与するスキルについても同様です。
なのでクールタイムこそありますがオーブを一時的に無効化することが出来ます。
しかもオーブがついてると見るやいなや殺そうと近付いてくる場合が多いので、
そっとバリアを展開すると大体攻撃がバリアで吸えてお得です。

またザリアは比較的タンクに強いバスティオンを自力で処理できる点も強いです。


ザリアも強キャラです。
zaria1.png




その点だけ見ればこの豚も強いですが、
ぶた

そもそもゼニヤッタがいたら前に出れないので、
処理できる場面までいけないのでやっぱりさよならバイバイです。

ダウンロード


まとめ

つよい haruto.pngzaria.png

まあまあsaru.png

びみょう ダウンロード (1)

よわい ダウンロード

ラインハルトとザリアは両方強いですが用途が違うので甲乙付けがたいです。

逆にウィンストンとD.VAは機動力があるタンクという点において比較対象になり、
瞬間火力以外はウィンストンに勝っている部分がメカを降りれるぐらいなので、D.VAはちょっと下がります。

ロードホッグは味方と相手の構成によっては戦えると思いますが、全体を見るとやっぱ弱いです。

今回はゼニヤッタに対処できることを基準として考えましたが
バスティオンにも対処できないと試合的には辛いところがあるので、
ゼニヤッタに強いタンクとバスティオンに強いタンクの2タンク、
バスティオンを処理できるオフェンスに絶対に何とかしてもらう
のどちらかがいいのかなと思いました。
その辺はMAPによりけりですかね。


世界はヒーローを求めている#1 オフェンスヒーロー

①ゲームデザインとして

まず初めにこのゲームについて考えるに当たって考慮するべき点として、
一つのヒーローに割り振られている武器の火力が出せる距離、体力、スキルがあります。
さらにもう一つ考慮すべきこととしてあるのがスキルのクールタイムです。

オフェンス
オフェンス

オフェンスヒーローを分類するに当たって、
近距離で瞬間的に火力が出るヒーロー(A)と、
どの距離でも一定の火力を出し続けるヒーロー(B)に分けられると思います。

(A)gennji.pngトレーサーマクリーリーパー

(B)ソルジャーふぁらマクリー

この分類の方法ならマクリーが最強ということになってしまいますね(#^.^#)
実際マクリーがフラッシュバンから(A)に分類されるヒーローを溶かすことは容易です。


まず(A)について考えていきます。

(A)の中で
機動力があるヒーロー(A-1)
機動力がないヒーロー(A-2)に分類します
(A-1)gennji.pngトレーサーリーパー
(A-2)マクリー

機動力がある=近付き易い=火力が出しやすい

なので自分から能動的に敵を倒しにいく能力に繋がってきます。

そういう意味ではマクリーは近距離の火力はありますが別枠です。



更にここから近付いて状況的に無理な場合
逃げる性能が高いヒーロー(A-1)と、
逃げる性能が低いヒーロー(A-2)に分類します
(A-1-1)リーパートレーサー
(A-1-2)gennji.png


(A-1-1)と(A-1-2)の差は
無敵の逃げスキルがあるかどうかです。
これがないと近付いてメイやタンクがいたときに対処が難しい場面が多いです。
よってこの二人のヒーローは役割として相手チームに対してのアタッカーとして分類できると思います。
攻撃を仕掛けるならば(A-1-1)のヒーローが強いです。

この(A-1-1)のヒーローを受動的に処理できるのが、
マクリー
こいつです。

あと一応こいつも体力が高いので他のオフェンスヒーローに比べて処理しやすいです。
リーパー



さて今度は(B)について考えていきます。
縦の機動力のあるヒーロー(B-1)
縦の機動力のないヒーロー(B-2)に分けます。
(B-1)ふぁら

(B-2)マクリーソルジャー

縦の機動力があるということは射線を一つ増やすことが出来、
また混戦時に逃げることが出来るのも大きなメリットです。

近距離が(A)と比較して強くない(B)のヒーローはチームの中でディフェンシブな役割を持つことが多くなります。
その場合人が固まったところで戦うことが多くなるので、タンクとのマッチアップ、混戦時に対するスキルが求められます。
タンクとのマッチアップ、混戦時に対するスキルのある(B-1)と
タンクとのマッチアップ、混戦時に対するスキルのない(B-2)に分類します。
(B-1)ふぁらマクリー

(B-2)ソルジャー

(B-1)のファラはジャンプするまたはノックバック爆弾で逃げることが出来、
マクリーは近付かれてもフラッシュバンで処理できるまたはファニングで敵の数を減らせる場面多くあります。

対して(B-2)のソルジャーはほとんどのタンクに有効な手段はなく火力もあまり出ないので、
混戦時はヒーラーがだいたいいるのでソルジャーはあまり強くないです。

まとめ
超つよいマクリーリーパー

つよい  トレーサー

まあまあふぁら

びみょう ソルジャー

よわい  gennji.png

マクリーは荒らす能力は低いけど万能

リーパーは遠距離以外万能

トレーサーは攻め続けられる能力が高い

ファラはディフェンダーに相性が良くないのが多いところがちょっと

ソルジャーは出来ることの大半はマクリーとトレーサーでこと足りるから最終的にいらなそう

ゲンジはアルティメット中以外ゲームにあんまり作用できない場面が多いし、
チームゲームになったときにアルティメット撃とうがゼニヤッタ、ルシオあたりに防がれて終わりかな。

ファラとゲンジはマップによってありかもねってぐらい

とりあえずのベータのふんわり感想だから意見ください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。